【風俗嬢の安全対策】接客中に必ずやるべき行動

お役立ち情報
みくる
みくる

こんにちは☆元風俗嬢のミクルです!

今回のテーマは接客中の安全対策について!

風俗という仕事は昔からしっかりリスク・ハイリターン〉と言われています。

大金を稼げるチャンスは多いけれど…

その分リスクやトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

そのため、接客中は常に〈安全対策〉をしっかりと行い、自分の身を守りながら仕事をする必要があるんです。

今回は接客中の安全対策・トラブル回避のために必ず行っておきたい行動をご紹介します!

お客さんの持ち物を把握する

お客さんの持ち物の種類と置かれている位置には必ず注意しておきましょう!

理由はもちろん〈盗撮対策〉です。

最近では盗撮カメラも非常に小型化していて、様々なフェイクが施されているので、パッと見ただけでは気付かないものも多いんです…。

ホテルに持ち込まれる可能性があるカメラの一例として…

盗撮カメラの種類
  • ボールペン型カメラ
  • 腕時計型カメラ
  • 眼鏡型カメラ
  • コンセント型カメラ
  • キーレス型カメラ
  • モバイルバッテリー型カメラ
  • ライター型カメラ
  • タブレットケース型カメラ

などが存在しています。

このようなプレイに必要の無いアイテムをテーブルやベッドの横にさり気なく置かれて盗撮されないために、お客さんの荷物はしっかりチェックしておく必要があります。

具体的な対策法

荷物を一か所にまとめておく

色んな場所に荷物や小物を置かれていると対策しにくいため、お客さんの荷物は必ず一か所にまとめておきます。

スマホ・キーレス・モバイルバッテリーなどのアイテムがベッドの方向に向けて置かれていたり、あちこちに置いてある状況は絶対に避けましょう!

オススメはテーブルの片側(ベッドから遠い側)にお客さんの荷物をまとめておき、もう片側(ベッド側)に自分のお仕事バッグなどを置いて視界を防いでおく事です。

荷物の上をタオルで覆う

ひとつにまとめた荷物の上にタオルを覆って隠します。

「どうしてこんな事するの?」って聞かれた場合は「部屋の匂いがうつらないように」「お店の厳守ルールなんです!」と言っておきましょう!

POINT

荷物をタオルで覆っても、プレイに入る前にタバコを吸ったりスマホを触ったりして、さり気なくベッドが映る位置に置き直される場合もあるので…

「防犯対策でお店に徹底するように言われています」と言ってプレイ前にはタオルの下に隠すようにして下さい。

これを言ってもゴネてくるようなお客さんだった場合、お店へ電話しましょう!怪しすぎます…

上着やシャツはハンガーにかけて反対向きでかけておく

お客さんの上着の中にボールペン型カメラやボタン型カメラなどが仕込まれている可能性があります。

ホテルに着いて上着を脱がしたときに…

  • 胸ポケットにボールペンが付いている
  • ポケットなど不自然な位置にボタンが付いている
  • 上着の裏側に何か入っている・付いている

などの場合は念の為、上着の正面を壁側に向けてハンガーにかけておきましょう。

部屋の照明を薄暗くする

一番無難で簡単な対策!照明を暗くすればカメラを無効化できます。

ただお客さんを〈視覚的に楽しませる〉のも大切なので…

わたしの場合、問題無さそうなお客さんに対しては、真っ暗にはせず薄暗い程度の照明まで落とし、先に書いた内容と合わせて対策してました。

もちろん行動が明らかに怪しい場合は限界ギリギリまで照明を落とすなど使い分けをするのがオススメです。

デリヘルで自宅に行く場合は、特に対策しにくいので部屋の電気は限界ギリギリまで落とす方が無難です。

みくる
みくる

部屋の明かりを落とす対策も有効ですが、最近は暗視型カメラも出回っているので物理的に遮断した方が効果的です!

お客さんの挙動を見ておく

これも一番の理由は〈盗撮・盗聴対策〉です。

盗撮犯は“挙動や行動が明らかにおかしい”場合が多いので、お客さんの挙動はよく見ておく必要があります。

少しでも怪しい場合は対策を徹底したり、お店へ連絡するようにしましょう!

見ておきたい挙動

持ち物に触れると過剰に反応する

お客さんの荷物を触ったり、ひとつにまとめる事を極端に嫌がってくる

慌てて自分の手に戻そうとしたり、急にゴネてくる

など、過剰に反応してくる場合は盗撮の可能性を疑いましょう。

また、持ち物を一定の位置・方向へわざわざ置き直したりしている場合は要注意です。

部屋の照明を落とす事にどうしても納得しない

部屋の照明を明るくしたがるのは、男性自体にそもそも多いので【明るくしたがる=盗撮犯】と考えるのは時期早々だと思います。

「恥ずかしいから」とか「お店のルールなので」と言って部屋の照明を落としていくと、大概のお客さんは何も言ってきません。

それでも納得しなかったりゴネだしたりする場合は盗撮の可能性を疑いましょう。

プレイ中に視線が一定の方向によく向いている

盗撮犯はとにかくカメラの位置を気にします。

そのためプレイをしている時に何かを気にしてチラチラ見ていたり、目線が一定の方向に向いていたりした場合は視線の先に注意しておきましょう!

小型カメラが仕込まれている可能性があります。

プレイ中に不自然に向きを変えようとする

ベッドの不自然な位置でプレイしようとしてきたり、プレイ中に不自然な向きに体勢を変えたりしてくる場合は、カメラ映りを気にしている可能性があるので注意しておきましょう!

ベッドの掛布団を地面へ置きたがる

ベッドの掛布団をよけてきたり地面へ置きたがる場合は、盗撮するための障害物をどけている可能性があります。

「地面に置いたりするとホテルからクレームが来るんです…」など言ってベッドの上に置き直しましょう!

みくる
みくる

とにかく行動に不自然な点が多かったら必ず疑いを持って行動しましょう…。

トイレの場所を把握しておく

これは万が一が起きた場合の対策として重要な事です。

お客さんと一緒にホテルに入ったら…

  • トイレの場所
  • 鍵がちゃんと付いているか
  • 鍵がしっかりかかるか

をチェックしておきましょう。

理由は、万が一身の危険を感じるような事態が起こった時に〈トイレがセーフティスペース〉になるからです。

本強や盗撮などでお店に電話しようとしたら、客が逆上してくる可能性や暴力を振るわれる可能性だってないとも限りません。

【立川のホテルで起こった事件】も記憶に新しいと思います…。

本当に万が一の時は直ぐにスマホを持ってトイレへ駆け込み、施錠してお店へ早急に連絡してください。

みくる
みくる

一番大事なのは自分の身を守る事です。

お客さんは絶対ひとりにしない

接客中は〈お客さんをひとりにしない事〉を絶対に徹底してください。

シャワー終わりや着替えのタイミングなどで、先にお客さんだけお風呂場から出さないように気を付けましょう!

お客さんを部屋にひとりにする事で様々なトラブルが起こる可能性が増えたり、お客さんに犯罪のチャンスを与えてしまうキッカケになってしまうんです…。

お客さんをひとりにしてしまった時に起こりえるトラブルや犯罪

盗撮カメラをセッティングされる

小型カメラを仕込まれたり、ベッドが映る位置にカメラをセットされるかもしれません…。

しかも女の子が見てない時に仕込まれるので巧妙に隠されてしまう可能性も充分考えられます。

ストーカー被害に遭う

女の子がいない隙を狙ってスマホのパスコードを解除されてGPSアプリを入れられたり、衣服やバッグに小型GPSを入れられる可能性があります。

下手をすれば自宅を特定される事態にもなり兼ねません…。

金品を盗まれる

接客中に財布を持っていく女の子もいると思います。

特にデリヘルの場合はお金の受け渡しがホテル内で行われる事が多いので財布やお釣りを持っていく場合も多いです。

お客さんの中には女の子の財布からお金を抜き取ったり金品を盗んだりする手癖の悪い犯罪者が紛れていますので充分に注意してください!

逆パターンも…

金品を盗む行為はお客さんだけではなく、風俗嬢が盗みを働くケースもあります。

中には実際は盗まれてもいないのに「お金を盗まれた!」など虚偽の申告をしてトラブルになるケースもあるみたいです。

服や下着にイタズラされる

シャワーをしている最中って部屋や脱衣所に服や下着を置いていますよね。

この状況でお客さんを部屋でひとりにしてしまうと…

知らないうちにイタズラされていたり、服や下着に事前に持ち込んだ精子などの汚い体液をつけられたり塗られたりする可能性もあります…。

実際に路上で女性に体液をかけたり持ち歩いたりして逮捕されている変態もいます…

アイドルの握手会で自分の手に体液を塗りたくって握手しようとする変態もいます…

自分の衣服、特に下着などは充分注意しておきましょう!

みくる
みくる

本当に色んな可能性・事例があります。お客さんは絶対ひとりにしないでください。

読んで頂きありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました