風俗店面接の内容とは?【元No.1風俗嬢が徹底解説!】

風俗の基本知識
みくる
みくる

こんにちは☆元風俗嬢のミクルです!

今回は風俗店の面接について解説します♪

一般業界でも就職やアルバイトを始める前には必ず面接がありますよね!

風俗でもお店に入店する前には面接があるんです!

面接って聞くと、なんだか緊張したり不安に感じたりもします。

特に風俗で働いた経験のない人にとっては、風俗の面接ってどんな事するの?何が必要なの?採用不採用はあるの?…なんて分からない事だらけですよね!

今回は風俗店面接の正しい内容・知識を元No.1風俗嬢として活躍していたわたしが分かりやすく解説致します♪

風俗で面接を受けるには…?

とても当たり前の話ですが…風俗店で働く前には面接があり、面接を受けるためにはお店へ入店志望(応募)する必要があります。

女の子が風俗店へ入店志望する方法は大きく分けて2つ!

知人やスカウトの紹介

既に風俗で働いている友達やスカウトなどにお店を紹介してもらって応募する方法。

求人募集を見て問い合わせする

風俗の求人応募を見て、電話・メール・LINEなどで問い合わせして応募する方法。

入店志望する時の注意点

知人やスカウト紹介の場合

自分で選んだお店ではないため、紹介されるお店がどんなお店なのか分からないまま面接へ行ってしまう場合もあります。

事前に〈お店の名前〉〈お店の場所〉〈お店の業種・コンセプト〉〈お給料システム〉などを聞いておき、自分でお店のHPを見たりして一度調べておく事をオススメします!

求人募集を見て問い合わせする場合

問い合わせをした際に〈電話対応が悪い〉〈メール・LINEの返事が遅い・レスポンスが悪い〉ようなお店だった場合…

スタッフ対応がいい加減な悪質風俗店の可能性もありますので面接を受けるのは控えた方が良いと思います。

みくる
みくる

自分が頑張るためのお店探しなので、自分自身で選んで応募する方がいいと思います!

面接までの流れ

それでは実際に風俗店へ面接に行くまでの流れを解説していきたいと思います!

STEP1:お店へ問い合わせする

風俗求人情報やサイトを見てお店へ電話・メール・LINEなどで問い合わせします。

基本的に風俗店の求人窓口は対応も丁寧でメールやLINEの返信も早いです!ほとんどのお店はその日のうちに連絡があると思います。

POINT

業種やお店によっては営業時間が違いますので、深夜帯や営業時間外に問い合わせした場合は翌日になる可能性もあります。

みくる
みくる

万が一、対応悪い店や返信の遅い店には注意しましょう…

STEP2:名前や年齢などを伝えます

面接を応募した時に〈名前〉〈年齢〉〈本人確認書類の有無〉は、ほぼ間違いなく聞かれます。

当然の事ながら風俗は18歳未満の人は働けません。

高校生の場合は18歳を超えていても働けません。

その他〈スリーサイズ〉や〈風俗経験の有無〉などを聞かれる場合もありますが、基本的に問い合わせの際にはそこまで多く質問される事は少ないです!

事前に伝えておいた方がいい内容

事前に伝えておいた方がいい内容
  • タトゥーの有無(厳しいお店も中にはあります)
  • 体型がぽっちゃりしすぎている
  • 募集要項の年齢を超えている
  • アレルギー肌
  • 目立った傷(リストカット・妊娠線・手術痕など)がある

風俗店の面接にはもちろん〈採用・不採用〉があります。

採用の基準はお店によってマチマチですが…

自分自身について気になる部分がある場合は問い合わせの際に伝えておいた方が「せっかく面接行ったのに不採用になった…〇〇がダメなお店って知らなかった…」なんて時間を無駄にしなくて済みますし、大手グループ店であれば自分に合ったお店を提案してくれる場合もあります。

STEP3:面接日時を決める

次に面接の日時を決めます。

風俗店の面接日時は基本的に応募する女の子に合わせてくれる場合が多いので、希望の日時を伝えましょう!

その後、指定の待ち合わせ場所を教えてもらって面接の予約は完了です!

POINT

面接の待ち合わせ場所は女性の身バレ防止対策として、お店近くの駅出口や交差点などで待ち合わせする場合が多いです!

面接場所ってどこになるの?

風俗の面接が行われる事が多い場所は主にこの3つです!

主な面接場所
  • お店や事務所
  • 面接専用のスペース
  • 喫茶店

お店や事務所まで直接行って面接する場合が多いですが、中には面接専用のスペースや会場のあるお店もあります。

また、店舗のないデリヘルなどの場合は喫茶店などで行われる事もあります。

こんな場合は…

〈家から面接場所までが遠すぎる・面接に行くお金がない・面接行くのが怖いなどの場合〉お店によっては女の子指定の場所まで出張面接に来てくれたり送迎してくれる場合もありますので、問い合わせ時に確認しておくといいです!

面接へ行く準備をする

面接の日程が決まれば面接へ行く準備をしましょう!

どんなものが必要なの?服装は何を着ていけばいいの?など詳しく解説していきますね♪

面接に必要なものって何?

風俗店の面接に行くときに必ず必要なものは〈本人確認書類〉です。

面接のみ行う場合はこの本人確認書類以外は特に用意するものはありません!

風俗は基本的に職歴・学歴不問の業種なので履歴書なんかも必要ないので準備しなくて大丈夫です。

もし面接のみではなく、面接を受けて採用されたらそのままお仕事(体験入店)する場合であれば、本人確認書類以外にもお仕事ができるような準備をしておくと良いです。

簡単にまとめると…

必要なもの〈面接のみの場合〉
  • 本人確認書類(必須)
  • スマホ・携帯(必須)※持ってない場合はお店に伝えましょう!
必要なもの〈面接後に体験入店する場合〉
  • 本人確認書類(必須)
  • スマホ・携帯(必須)※持ってない場合はお店に伝えましょう!
  • メイク道具(あった方がいい)
  • 口臭ケアタブレット(あると便利)

こんな感じになります!意外と用意するものって少ないんですよね!

本人確認書類って何?

実際に〈本人確認書類〉ってどんなものを指して、何を持っていったらいいか分からないですよね…。

風俗店に入店する際に本人確認書類が必要な理由や必要な書類について解説していきます♪

面接・入店時に本人確認書類が必要な理由

風俗店の面接や入店する際に本人確認書類が必要な理由は“法律で定められているから”です!

そして風俗店が本人確認書類で確認しないといけない内容が3つあります。

風俗店が確認する内容
  1. 本人確認(顔写真などで確認。本人の本人確認書類で間違いないか、他人のものや偽造ではないか)
  2. 年齢確認(生年月日で確認。18歳未満ではないか)
  3. 本籍地確認(本籍地記載欄で確認。風俗で働く場合、法律上国籍の確認が必須だから)

そのため、風俗店へ入店するにはこの上記3点を満たす本人確認書類が必ず必要になるんです!

風俗店で認められる本人確認書類

風俗で認められる本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(現在は発行終了してマイナンバーカードに切り替わっています)
  • マイナンバーカード(番号のみではなく、カードとして発行しているもの)
  • 在留カード(外国人の方。※永住者・定住者で、在留期限なしもしくは在留期間が3か月以上で就労制限なしの場合に限ります)
  • 特別永住者証明書

上記が風俗店で認められる本人確認書類となります。

みくる
みくる

当然ですが…有効期限切れの場合は認められません!

【注意!】本人確認書類と認められないもの

本人確認書類と認められないもの
  • 健康保険被保険者証
  • 学生証(大学や専門学校など)
  • クレジットカード
  • 銀行キャッシュカード
  • 年金手帳
  • ポイントカードや会員証

上記の書類やカードは本人確認書類として認められません…。

これだけでは入店はもちろん、面接すらしてもらえない可能性が高いので注意しましょう!

CHECK

面接してもらえない理由は風俗入店に関する話を18歳未満の女の子にしてはいけないからです…。

本人確認書類がないという事は“自分が18歳未満ではない事を証明できない”という事に他なりません!

みくる
みくる

残念ながら保険証や学生証はダメなんです…

面接・入店OKな本人確認書類一覧

次は実際に面接・入店OKな本人確認書類一覧や組み合わせを見ていきましょう!

先で書いたように入店するには〈本人確認〉〈年齢確認〉〈本籍地確認〉できる書類が必要です。

面接の場合は〈本人確認〉と〈年齢確認〉できる書類があれば対応してくれるお店がほとんどです!

面接のみOKな本人確認書類

面接OKな本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(現在は発行終了してマイナンバーカードに切り替わっています)
  • マイナンバーカード(番号のみではなく、カードとして発行しているもの)
  • 在留カード(外国人の方。※永住者・定住者で、在留期限なしもしくは在留期間が3か月以上で就労制限なしの場合に限ります)
  • 特別永住者証明書

いずれか1点。

面接後、体験入店する場合は下記の入店OK書類が必要となります。

入店OKな本人確認書類と組み合わせ

入店OKな本人確認書類と組み合わせ
  • 運転免許証+本籍地記載の住民票(戸籍謄本・抄本でもOK)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード+本籍地記載の住民票(戸籍謄本・抄本でもOK)
  • マイナンバーカード+本籍地記載の住民票(戸籍謄本・抄本でもOK)
  • 在留カード(外国人の方。※永住者・定住者で、在留期限なしもしくは在留期間が3か月以上で就労制限なしの場合に限ります)
  • 特別永住者証明書

いずれか1セット。

PONIT

運転免許証の場合、免許取得の際に決めたパスワード(4桁+4桁)を知っていると、お店によっては本籍地出力ツールがあるので運転免許証のみで大丈夫なケースもあります!

みくる
みくる

本人確認書類が揃っていないと採用されてもお仕事させてもらえないので注意!

本人確認書類が不要なお店は要注意!

万が一「本人確認書類なしでも入店できるよ!」って言われた場合は、確実に法律違反をしている違法風俗店なので入店は絶対に止めて下さい。

本人確認書類の確認は法律上の義務なので、お店が提出を求めてきて当たり前!だと認識しておきましょう!

面接時の服装・身だしなみは?

面接時の服装について

面接時の服装に関してですが、私服でOKです!

一般職の面接と違ってスーツを着る必要はありません。

特に指定される事はないと思いますが、あまり奇抜すぎない清潔感のある服装で行く方がイメージはいいと思います。

CHECK

スウェットやジャージ・クロックスや健康サンダルなどのラフすぎる格好や奇抜すぎる服装は不採用の原因にもなりますので避けましょう!

面接後に体験入店する場合

面接後に体験入店をする場合は、お仕事のしやすい服装を着ていくか別途用意しておくと便利です!

具体的には…

  • 脱着しやすいワンピースやスカート
  • 上下の下着は揃えておく
  • プロフィール用の撮影があるので写っても大丈夫な服装(いかにも身バレしそうな服は避ける)

上記になります。

ちなみに撮影は衣装を貸してくれるお店もありますし、服で撮影するお店・下着で撮影するお店もあります。

みくる
みくる

撮影の服装に関しては事前に聞いておくか、お店のHPを見て他の女の子写真を見てみましょう!

面接時の身だしなみについて

面接時のヘアースタイルやメイクに関しても、特に指定があるわけではありませんので基本的に自由ですが、清潔感のあるヘアースタイルや明るすぎない髪色・ナチュラルなメイクの方が無難です。

また、以下の場合は不採用や直してからの入店になる可能性がありますので気を付けましょう。

  • 女性らしさのないヘアースタイル(奇抜すぎる髪・坊主など)
  • 手入れしてないプリン髪
  • ゴテゴテのメイク
  • お店のコンセプトとかけ離れてたメイクやヘアースタイル

面接するだけなら大丈夫でも「直して頂ければ採用です!」「直してから入店可能です!」と言われる事も多いので、すぐに働きたい場合は直してから面接へ行くようにしましょう!

みくる
みくる

事前にお店のHPをチェックしてコンセプトを見たり、他の女の子の雰囲気を真似していくのが一番無難です!

面接当日の流れ

それでは次に面接当日の流れを解説していきたいと思います!

STEP1:指定の時間までに待ち合わせ場所へ行く

面接予約の際に指定された待ち合わせ場所やお店に行きます。

指定時間の10分前くらいに到着しておくといいです。

万が一遅れてしまいそうな場合はお店や問い合わせした窓口に連絡しましょう!

STEP2:到着したらお店・問い合わせ窓口へ電話します

指定の場所についたらお店や問い合わせ窓口へ電話しましょう!

面接担当官やお店のスタッフが迎えに来てくれるのでその場で待ちます。

電話をかけたら、迎えのスタッフが女の子を見つけられるように〈どんな服装をしているか?何か目印になるものを着てるか?〉を聞かれると思いますので、服装や持ち物・服の色などを伝えましょう!

ここで1点、非常に重要な事があります。

電話をかけた際、恐らく大抵のお店が〈迎えに行くスタッフの声の掛け方〉を伝えてくると思います。

例えば…「迎えの際には、〇〇さんで間違いないでしょうか?とお声掛けしますね!」とか「〇〇さんですか?わたしは〇〇店の〇〇と申します!とお声掛けします!」など言われます。

この声掛けの仕方は“必ず覚えておく事”です!

そして、指定された声掛け以外で声を掛けられた場合は、絶対に付いていかないでください。

風俗面接女性を狙った犯罪者の存在

お店がわざわざ〈迎えにいくスタッフの声の掛け方〉を指定してくる理由…

それは〈風俗面接の女性を狙った犯罪者〉から女性を守るためです。

こんな事例が実際にあるんです…

面接希望の女の子が指定の待ち合わせ場所に到着して、お店へ電話をかけました。

お店スタッフは「それではお迎えの際には、こんにちは!〇〇さんでしょうか?と声を掛けますね!」と言って、電話を切りました。

少しすると…スーツ姿の男が現れて「すみません!面接の方ですよね!」と声を掛けてきました。

女の子は「はい!そうです!」と返事しました。

すると男は「そうですよね!お迎えにきました!ご案内します!」と言ってきたので、女の子も面接の迎えが来たと思い、男の後を付いていきました…。

男と一緒に歩いているとお店から電話が掛かってきました。

女の子が「あれ?お店から電話が来ました」と言うと、男は「あ、俺が迎えに行った事伝えてなかったよ!俺電話しとくから無視しといて!」と言って電話を取らさずに、自分のスマホで「あ、〇〇くん?俺、今面接の子と合流したから大丈夫だよ!」と電話をしました。

そして到着した先はホテル。

男は「面接と講習も今日してしまった方が仕事するのも早いからね!」と言って、そのまま一緒にホテルへ入り、面接の真似事をした後、講習と言ってプレイと本番行為に及びました。

プレイが終わると、男は「それじゃあ、採用・不採用を後日連絡をするから待っててね!」と言って1枚の名刺を渡して去っていきました。

後日、一向に連絡が来ないので女の子は名刺に書かれた番号に電話をかけてみました…

すると「現在使われておりません」のアナウンス…住所・会社名を調べてみても全くのデタラメ。

焦ってお店に電話すると「先日、お迎え行ったんですけど全然見当たらなくて…僕たちも探したり電話したりしたんですけど…折り返しなかったので、帰っちゃったのかなって思ってました…何かあったんですか??」と言われました…。

その男は風俗店とは全く関係のない人物で、途中お店にかけた電話も名刺も全て嘘。

風俗店面接へ行く女性を狙い、面接官を装って女の子をホテルに連れ込み、無理やり自分の性欲を満たす犯罪者だったのです…。

みくる
みくる

こんな恐ろしい事例から自分を守るため、指定された声の掛け方以外の人には絶対ついていかず、怪しいと思ったらすぐにお店に電話しましょう!

STEP3:スタッフに案内してもらい面接場所に入ります

迎えのスタッフに案内してもらって面接スペースに入り、面接官を待ちましょう!

この時に本人確認書類だけ事前に出しておくとスムーズです!

面接官が来て自己紹介が終わったら面接スタートになります。

STEP4:軽い雑談から入る事が多い

面接って最初はどうしても緊張してしまうものです…。

なので雰囲気を和らげてもらおうと「来るとき道迷わなかった?」「今日暑くなかったですか?」など雑談をしてくるケースが多いです!

みくる
みくる

わたしも最初は緊張しましたね…

STEP5:本人確認書類の確認

雑談が終わると18歳未満ではないか?本人証明できるか?など本人確認書類の確認をされます。

STEP6:質問に答えます

次は採用や入店に向けての様々な質問をされるので答えていきます。

主な内容は…

良くされる質問内容
  • このお店をどうやって知りましたか?(サイトを見た!や友人の紹介など)
  • この仕事を始めようとした理由は何ですか?(風俗で働く目的です)
  • 風俗やその他夜職系で働いた事はありますか?
  • 現在は何をされていますか?(本業がある・無職・大学生・専業主婦など)
  • 以前は何をされていましたか?(前職など)
  • 1ヶ月でどのくらい稼ぎたいですか?
  • 週に何回位出勤できますか?曜日・時間帯はどこがいいですか?
  • エッチな事に興味はありますか?好きですか?(お店でのプロフィール作成に使われます)
  • 得意なプレイはありますか?(お店でのプロフィール作成に使われます)
  • 彼氏や旦那はいますか?この仕事をする事を知っていますか?(身バレ対策の為に聞かれます)
  • NGのプレイはありますか?(基本プレイではなく、主にオプションに対して聞かれます)
  • その他聞きたい事はありますか?

こんな感じです!

みくる
みくる

ちょっとエッチな質問をされる事もあって答えるのも恥ずかしいですが…これは仕事上仕方ないですね。

STEP7:採用・不採用が決まります

質問が終わると、ここでほとんどの場合に合否判定されます。

一般職と違い、風俗の採用・不採用は“その場で決まる事がほとんど”です!

もし「合否は後日連絡します!」と言われた場合は、残念ながらほぼ不採用だと認識しておいていいと思います…。

また、お店が何店舗もあるグループ店の場合、「このお店では採用は難しいけど、このお店なら採用できますよ!」と別のお店を案内される場合もあります。

STEP8:お店のシステムやお給料などの説明があります

採用が決まれば、入店に向けてお店のシステムの説明やお給料の説明があります。

今度は女の子側がお店に入店するかどうかを決める大切なところになるので、しっかり聞いて質問していきましょう!

入店を決める前に聞いておきたい事

入店を決める前にしっかり聞いておきたい内容をまとめてみました!

面接時に聞いておきたい内容
  • お給料システムと詳細
  • お店の仕事内容・コンセプト
  • どんなお客さんが多いか?
  • 身バレ・アリバイ対策は大丈夫か?
  • 講習はどのように行われるのか?
  • 自分の目標や稼ぎたい金額を達成できそうか?
  • お客さんウケのいい服装やヘアースタイルは何か?
  • ノルマや罰金は無いか?
お給料システムと詳細

風俗で働く上で一番大切な事です。

基本的なお給料バックの金額・指名料バックの金額・オプションバックの金額・指名本数によるお給料のベースアップの金額・雑費やお給料から引かれる金額の有無は確認しておきましょう!

CHECK

風俗店にはお仕事で使用するボディソープや消毒液などの備品代名目で、お給料から雑費が引かれる場合もあります。

金額はお店によってマチマチですが、1接客当たり500円~1000円やお給料の10%位の場合が多いです。

お店のお仕事内容とコンセプト

お店のコンセプトによっては特殊なプレイがあったり、変わったシステムがあったりします。

SM店のSMプレイとか、制服専門店なら制服着用必須など。自分にできそうな仕事内容かどうかはしっかりと確認しておきましょう!

どんなお客さんが多いか?

お客さんの層も事前に確認しておくといいです。

変なお客さんやクソ客は多くないか?若いお客さんが多いのか?年配のお客さんが多いのか?によって接客の仕方や自分のキャラ作りを変えた方が稼ぎやすいですし、変なお客さんやクソ客が少ない方が安心して働く事ができます。

身バレ・アリバイ対策は大丈夫か?

ほとんどの女の子はこの仕事を家族や彼氏に内緒にしている場合が多いです。

身バレ防止のために、お店が取り組んでいる対策を事前に確認しておきましょう!

講習はどのように行われるのか?

万が一のトラブルに備えて、念のため入店前の講習の有無や、講習の方法などを確認しておきましょう!

講習について詳しくは別記事で紹介しています!

自分の目標や稼ぎたい金額を達成できそうか?

お店の繁盛具合をこの質問で確認します。

面接官が即答するか濁すかで、多少お店の現状を把握しておきます。

また、目標達成に向けての出勤ペースや出勤時間帯などの相談やプランを一緒に考えてくれたりします!

お客さんウケのいい服装やヘアースタイルは何か?

お店の雰囲気やコンセプト・客層によって変わってくるので、お店の人に直接聞くのが一番早いです!

自分の好みもあると思いますが…お店の雰囲気に合わせたりお客ウケを狙ってる方が正直稼げる可能性が高いです。

ノルマや罰金は無いか?

出勤日数や時間にノルマがあったり、罰金やペナルティがあるかどうかも確認しておきましょう!

ちなみに大半のお店にはノルマや罰金はありません。

万が一、出勤ノルマがあったり罰金が厳しいお店の場合はよく考えてから入店を決めましょう!

みくる
みくる

あまりにも女の子に非がある時は解雇や罰金対象になるケースもあります…

STEP9:面接終了!

ここで面接は終了となります!

長々と解説しましたが、実際の面接時間は30分~1時間程度で終わる場合がほとんどです。

面接のみの場合は、このお店に入店するか保留にするかを判断して、入店する場合は入店日を決めます。

保留の場合は女の子側から後日お店へ連絡するといった形になると思います。

そのまま体験入店する場合は、体験入店の準備として〈従業員名簿の記入作成〉〈プロフィールを決める〉〈プロフィール写真の撮影〉などを行い、講習(経験者の場合はしない場合もあります)を経て、入店!お仕事スタート!といった流れになります。

みくる
みくる

入店を決める時は、もし気になる部分がある場合には即決せず、他のお店の面接にも行くなどしてしっかり考えてみましょう!

今回のまとめ

今回は風俗店の面接について解説しました!

基本的に風俗店の面接はアットホームな雰囲気なので気楽に行えます!

とはいえ、あくまで面接なので見た目や言葉遣いなどはイメージ良くしておく事が大切です。

また、面接の際には本人確認書類は必須なので「用意するの忘れて面接してもらえなかった…」なんて事にならないように気を付けましょう!

風俗店面接についての正しい知識を知って、先に書いたような悪質風俗店やトラブルから自分の身を守りながら、面接という〈稼ぐための第一歩〉を踏み出してほしいと思います♪

みくる
みくる

正しく知識を持って、正しく行動しましょう!

読んで頂きありがとうございました☆

風俗の基本知識
ミクルミラクル
タイトルとURLをコピーしました